土木計画学ワンデイセミナー NO.92 大災害に道路ネットワークはどう備えるか?  ~道路防災機能評価の新たな展開?~

日時

2018年2月5日

場所

香川県高松市 高松サンポート合同庁舎低層棟アイホール 2F

大災害に道路ネットワークはどう備えるか? 
~道路防災機能評価の新たな展開?~

日時:平成30年2月5日(月) 13:15~17:00
場所:香川県高松市 高松サンポート合同庁舎低層棟アイホール 2F
主催:土木学会交通サービスの脆弱性評価小委員会,国土交通省
参加費:無料
申し込み:柳沼 yaginuma@rs.tus.ac.jpまでご連絡をお願い致します(2月4日締切)

開催趣旨:
防災性を考慮した道路ネットワーク整備を念頭に,防災機能評価の向上効果計測
マニュアル(案)の運用開始されている.しかしながら,実運用で課題や新たに提案された
道路管理等への活用ニーズを踏まえて,マニュアルの機能向上に繋げた議論が必要となっている.
さらに,同マニュアルの地方自治体への浸透は十分でなく,より効率的な防災機能発現には
自治体管理道を含めた地域ネットワークの連携が必要であり,今後,自治体への浸透が必須となる.
本セミナーでは,国と地方自治体担当者が上記の課題に対応すべく,幅広く議論を行い,防災性を
加味した道路ネットワーク整備に資することを目指す.

プログラム(予定):
第1部:道路防災機能評価の概要と事例の紹介
13:15~13:20 趣旨説明 家田仁(政策研究大学院大学)
13:20~13:45 防災機能評価の導入経緯 見坂茂範(国土交通省企画課)

[研究論文発表]
13:45~14:10 防災機能評価の技術的ポイント
 および市町村スケールへの適用検証 柳沼秀樹(東京理科大学)
14:10~14:25 近畿圏における防災機能に関する検討 立田安礼(近畿地方整備局 紀南河川国道事務所)
14:25~14:40 防災機能評価の新たな活用に向けた一考察 中野将(九州地方整備局 道路部)

休憩(15分)

[実務事例発表]
14:55~15:10 事例1 四国横断自動車道(宿毛~内海) 緒方玄司(四国地方整備局 道路部)
15:10~15:25 事例2 阿南安芸自動車道(国道493号) 関川浩平(高知県土木部)

休憩(5分)

第2部:パネルディスカッション
「道路の防災機能評価の課題と今後の展望」
コーディネーター:家田仁(政策研究大学院大学)
パネリスト:
国土交通省 企画課 見坂茂範 評価室長
四国地方整備局  谷村昌史 道路部長
高知県  福田敬大 土木部長
徳島県 県土整備部道路整備課 寺澤文彦 課長
香川県 土木部道路課 川本浩之 課長
愛媛県 土木部 道路建設課 高瀬進 課長


ワンデイセミナーの申請方法


土木計画学研究小委員会等(以下,申請者)が主催・共催のワンデーセミナーを開催する場合は,担当幹事へメールにて申請してください。申請内容は以下の通りです。申請は原則として開催日の2か月以上前とします。

申請内容:開催日時、場所、定員、参加費の有無、タイトル、開催主旨、プログラム
連絡先:ワンデーセミナー担当幹事 keikaku-wandei@jsce.or.jp

幹事会にて開催が承認された後、セミナー番号とともに申請者へご連絡しますので、その後、メーリングリストなどで適宜、開催案内をしてください。幹事会にて土木計画学のホームページにも開催案内を掲載します。

なお、セミナー開催後1週間以内に、行事報告書(参加者リストを含む)およびセミナーで配布のテキスト2部を担当幹事および土木学会事務局へ提出していただきます(郵送の場合は土木学会事務局のみ)。
行事報告書フォーマット例 Wordファイル PDFファイル

※有料の場合は、土木学会事務局への行事申請等が別途必要となり、通常よりも開催承認に時間がかかりますので、早目の申請をお願いいたします。