行事案内

第58回 秋大会

会期:
2018年11月23日(金・祝)~25日(日)

会場:
コンパルホール,大分大学旦野原キャンパス

国際セミナー New Mobility and Society Combining Autonomous Driving Technology and Sharing Service

Date

2018年11月30日

Venue

東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター多目的室3

開催の主旨:それほど遠くない将来,自動運転技術とシェアリングが融合した個人間カーシェアリングサービスが実現すると思われる.そのような新たなサービスの提供は,自動車利用はもちろんのこと,従来のように個別に提供されてきた公共交通サービスの形態や役割を大きく変えるであろう.また,駐車場などの交通インフラは言うに及ばず,都市構造さえ大きく変え得ると考えられる.本国際学術セミナーでは,自動運転技術とシェアリングが融合したモビリティサービスとそれが実現した社会のあり方について,海外の新鋭研究者の基調講演に加えて,学術研究者,自動運転・ITS推進組織,企業経営コンサルタントから提言を頂くと共に,我が国の最新の研究発表,意見交換を行う.


日時:2018年11月30日(金)10:00~17:00


場所:東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター多目的室3

 所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6

 TEL:03-5440-9020

 URL:http://www.cictokyo.jp/access.html


主催:熊本大学交通まちづくり研究室

共催:土木学会土木計画学研究委員会

     国土交通省国土技術総合政策研究所

協賛:一般財団法人計量計画研究所


言語:英語


プログラム

午前 10:00~12:35

1. Opening remarks

2. Keynote Speech: Research Frontiers in Autonomous Driving and Shared-Mobility (Prof. Schott Eric Le Vine, Assistant Professor, New York State University)

3. Automated driving for universal services; Japanese approach (天野 肇 氏/Mr. Hajime Amano,ITS Japan 専務理事/President and CEO, ITS Japan)

4. The Rising and Realization of Intelligent Mobility (周 磊 氏/Mr. Lei Zhou,デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員/Partner at Monitor Deloitte/Deloitte Tohmatsu Consulting LLC)

5. Intelligent Mobility Technology Development for Sharing Economy (福島 正夫 氏/Mr. Masao Fukushima,株式会社オートモーティブテクノロジーエンジニアリングサービス部技術顧問,ITS Technical Consultant, Engineering Service Department, Nissan Automotive Technology Co., Ltd)

午後 13:30~17:00

6.  研究者による先端研究発表

(1) Consumer preference for alternative free-floating carsharing fleet management mechanisms (Prof. Scott Eric Le Vine, Assistant Professor, New York State University)

(2) On the characteristics of car sharing users (山本 俊行 先生/Prof. Toshiyuki Yamamoto, Professor, Nagoya University)

(3)  Endogenous market penetration dynamics of connected and automated vehicles: Transport-oriented model and its paradox (瀬尾 亨 先生/Prof. Toru Seo, Assistant Professor, The University of Tokyo)

(4) Adoption of dynamic ridesharing system under influence of information on social network (Mr. Phathinan Thaithatkul, A project researcher at Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo)

(5) Dynamic Taxi-Pooling Service Experiment in Nagoya (金森 亮 先生/Prof. Ryo Kanamori, Research Associate Professor, Nagoya University)

(6) Social acceptance of autonomous vehicles in Japan and UK: focused on risk perception and trust (谷口 綾子 先生/Prof. Ayako Taniguchi, Associate Professor, University of Tsukuba)

(7) Mobility and society combining autonomous driving technology and sharing services (溝上 章志 先生/Prof. Shoshi Mizokami, Professor, Kumamoto University)

7.  Closing remarks


連絡先:熊本大学大学院先端科学研究部 溝上 章志  

 TEL:096-342-3541

 e-mail:smizo@gpo.kumamoto-u.ac.jp